スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔らかいものを綺麗に切る裏技


例えばスポンジケーキやカステラなどの柔らかいものを
包丁で切ろうとするとどうしてもうまく切れません。


そんな時には、包丁をガスの火で少々あぶってから切ると、
綺麗にスムーズに切ることができます。

熱湯につけてから切ってもスムーズに切ることができます。

トマトの皮を簡単にむく裏技


まず皮のむきたいトマトに長めのフォークを刺し、

そのままフォークをもって、ガス台の火でトマトをあぶります。


その後は冷水に入れて軽く皮をむくだけで、
おもしろいようにむけていきます。

サラサラのかき氷を作る裏技


ボタボタした感じのかき氷より、サラサラした感じのかき氷の方が断然おいしいですよね。

そんなサラサラのかき氷を作る簡単な方法があります。

それは氷の作り方にコツがあります。

水の中に砂糖を少々入れて、それを溶かして凍らせます。

その固まった氷を使うだけでサラサラ感たっぷりのかき氷ができます。

居酒屋もしくはファミレス



注文してもいない料理が間違えて届けられたら、食べてもバレま せん。
また売上伝票に加算されているということもありません。

ではなぜバレないかと言うと、それは注文のシステム的なもので わかります。

大手居酒屋の場合、追加の注文は同じ時間に2つと 存在しない伝票番号を元に
注文をハンディに打ち込んでいます。
なので、その注文があなたの座席の伝票に
加算されている可能性 はほぼないと言えるのです。

逆にファミレスは座席の番号(卓番)で
追加注文を受けます。

なので間違えて届いた食べ物はあなたの座席の番号に間違えて追加してしまった
可能性があり、売上伝票に加算されている可能性 が高いです。

※お店によってシステムが異なるため、すべてに言えることでは ない可能性があります。

残ったビールの有効活用法


1.お肉を柔らかくする効果があるので、お肉などをビールにしばらくつけてから
焼くと柔らかくなり、そしてビールの風味も絶妙です。


2.ぬかのなじみがよくなる効果があるので、ぬか床に加えておきましょう。


3.お好み焼きを食べに言って、熱い鉄板の上で焼きそばを焼くとき、
水を入れる変わりにビールを入れてみましょう。

とても風味がよくなり、味もまろやかになります。

硬くなったチーズをやわらかくする裏技


開封したチーズは乾燥したところに置いておくと、

すぐに硬くなってしまいます。チーズを捨ててしまうのももったいない。


そんなときは日本酒を薄く表面上に塗りましょう。

それだけで柔らかくなります。

卵焼きを


ふわふわ柔らかな卵焼きを作ることができる方法があります。


タマゴを混ぜるときに、小麦粉とマヨネーズを少量加えます。
これだけ。

あとは、普段どおり焼けば、ふわふわでおいしい卵焼きができます。
小麦粉が型くずれを防ぎ、ボリューム感を出します。

またマヨネーズは奥深い風味を演出し、プロ風の卵焼きになります。
もちろん、だし巻き玉子にも応用できます。

トマトの皮むき



まず皮のむきたいトマトに長めのフォークを刺し、そのままフォークをもって、

ガス台の火でトマトをあぶります。


その後は冷水に入れて軽く皮をむくだけで、

おもしろいようにむけていきます。

納豆

納豆チーズトースト

納豆のチーズトーストはおいしいです。

作り方は、トーストにバターを少々塗り、 その上に納豆を敷き詰め、
その上にチーズを乗せて、トースターで焼き上げます。


意外と納豆とチーズの組み合わせは合うようです。
もちろんピザにしてもおいしい ですよ。

炊いたご飯が硬ければ



逆に炊きあがりが硬く芯がある場合、
それを柔らかくする方法があります。

方法は、日本酒を入れて、もう一度炊飯器で炊くだけです。

日本酒の目安はお米一合につき大さじ1杯程度で、
そんなに芯がなければ、
この量を多少減らしてください。

焼きそばの炒め方

焼きそばのおいしい炒め方です

結構簡単な裏技です。

焼きそばの麺、さらに野菜もそれぞれラップをして電子レンジで3~5分
程度温めてます。


その後に通常どおり炒めれば、パラリと仕上がります。

また炒める時間もかなり短縮できます。

組み合わせ

きゅうりに蜂蜜をかけて食べると

意外な味になります。


結構、高級な果物の味です。


興味がありましたら試してみてくださいね。


(歯ごたえは全然ちがいます。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。