スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンの電気代を節約する方法

このメールをパソコンで読んでいると言うことは、
その間も確実に電気代がかかっているということ。

1日付けっぱなしで、
デスクトップ型のパソコンで約50円。
ノート型で約20円。

これとは別にディスプレイの電気代がかかります。
15インチのCRT式ディスプレイで約50円、
14.1インチ液晶ディスプレイで約20円。

高性能であればあるほど、パソコンにかかる電気代は高くなりますが、
全般的に液晶ディスプレイは電気代が安くなっています。

パソコンが電気を多く消費する瞬間というのは、カラカラとパソコンが動いている時。
何もしていない待機状態であれば電気代は抑えられます。

さて頻繁にパソコンの電源を切ることが節約になるのか?
答えはNOです。

パソコンが起動するときの消費電力は約3円かかります。
1時間、電源を付けっぱなしにしても、約2円なので、ずいぶん高くつくことがわかります。

つまり2時間以上つけっぱなしにするんであれば、電源を切った方が、お得になりますが、
それ以下の場合は、電源を切らずにいた方がいいということになります。

ただし、ディスプレイは話が別です。
ディスプレイは、起動時に急激な電力消費はありませんので、
頻繁に電源を切る方がお得になります。

つまり、1時間パソコンを放置するようであれば、
パソコンの電源は切らずにモニターの電源だけ切る。
これが一番の節電になります。
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。