スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカの腸(はらわた)の意外な使い道は?

   イカの肝臓などの脂肪分を精製したあと、コレステロールだけを分離すると
   「コレステリック液晶」というものができる。これは温度によって青、緑、黒、茶などに
   色が変化するため、カード型の液晶温度計などに利用されている。
   この「コレステリック液晶」を用いた表示パネルは、1度画面に文字や絵を描くと
   電力がなくても表示を維持できる。これからも省エネ型の電子ツールへの利用が
   期待されている。
   ちなみに、携帯電話やパソコン画面に使われている液晶は「ネマティック液晶」といい、
   表示を維持するためには電力が必要である。
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。