スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車の給油口


基本的に、マフラーの逆側に給油口が付けられています。

これは、マフラーが一番熱を持ちやすく、少しでも引火

危険を減らすため
マフラーの反対に設けているわけです。
スポンサーサイト

白バイ




白バイは  昔かった。

和歌山県にある貴志川線の貴志駅の


駅長は、タマという名前の三毛猫。

アメ車



アメ車にも右ハンドルがある。


特に郵便配達用の車は、配達も回収もしやすいように

右ハンドルがほとんど。

ヘリコプター


ヘリコプターが空中でエンジンが止まったらどうなるか。


これは、そのまま落下しそうなイメージですが、

ヘリコプターはエンジンが止まってもローターは回り続ける仕組みに

なっています。  



ただし機体を立て直すには200メートル以上の高度と

安全に着陸できる場所が必要になるみたいです。

定員5人乗りの車に子供は何人乗れる?

道路運送車両法によると、12歳未満の子供は

大人の3分の2に相当する。




つまり、大人2人で子供3人と同じことになる。

よって、定員5人乗りの車で、大人の運転者を除くと、

残りは4席になり、子供は6人乗れることになる。

ナンバープレートで使われないひらがなは?

   運送事業用の車は「あ」行、「か」行、「を」を使い、レンタカーは「れ」、「わ」を使う。
   駐留軍は「よ」を使い、自家用車はその他を使う。 
   ただし、音が他の字と似ていて聞き間違いやすいという理由で、
   「お」「し」「へ」「ん」は使わない。「し」は縁起が悪いからという説がある。

車のタイヤが黒いのはなぜ?

   車体はいろんな色があるのに、タイヤは黒一色なのはなぜか。
   タイヤはゴムでできているが、ゴム自体は黒くない。
   しかし、重い車を支えて道路を走るという機能を要求されるため、
   ゴムには大量のカーボンを補強材として混入しなければならない。
   カーボンは、黒いので必然的にタイヤは黒くなるのだ。

ガラスの水はじき剤を長持ちさせる裏技


まあ、別に裏技でもなんでもないんですけど、

1.まず普通にガラスに塗ります。

2.そして塗り終わったらすぐに、そのガラスにドライヤーを当てます。
これだけでOK!

効き目が長持ちします。

ガソリンを節約する裏技

ガソリンを入れる場所

必ずガソリンは観光地では入れずに、必ず出発地点の地元で入れるよう にしましょう。
観光地ではガソリン代は比較的高く設定されています。
特に価格表示が出ていないガソリンスタンドの場合、車にあるナンバー プレートを見て、それが地元でないと分かると、割高でガソリンを給油 します。
また観光地でどうしてもガソリンを入れる場合はセルフのガソ リンスタンドを
利用することをお勧めします。


高速道路でトラックを探す

高速道路を走行中であれば、できるだけ大型のトラックの後ろを走るよ うにすれば、
空気抵抗が少なくなり、無駄なパワーを使いません。
空気の抵抗はかなり大きいもので、特に高速道路ではその力は大きく、 燃費に影響を与えます。
競輪やマラソンでも、風の抵抗を気にして、わざと2番手につけたりするのは
そのような理由のためです。
とにかく高速道路であれば、できるだけ長方形の大きめなトラックを見つけて、
その後ろを走るようにしましょう。

車酔いを軽減させる裏技

スルメを食べる


スルメイカを噛み噛みしながら車に乗ります。
これだけで車酔いが軽減 できます。
噛むという行為が三半規管を揺れから守ります。


梅干しを食べる

酸っぱい梅干しを食べると、車酔いになりづらくなるそうです。


アロマを嗅ぎ続ける

好きな香りのあるアロマやエッセンスオイルをハンカチに少量垂らし、
その香りを嗅ぎ続けています。

これだけで酔いづらくなります。
香りはハーブやミントなど、リラックスできる香りがおすすめです。
あまり甘い香りは逆効果になることもありますので、ご注意ください。


サングラスをかける

サングラスをかけて助手席に乗っていると
車に酔いづらいです。

事故車を見分ける裏技






一言に事故歴車と言ってもその基準は難しくプロの査定士にでも判断しにくい場合があります。
中古自動車販売店では基本的に業者専用のオートオークションで買い付けを行いますがそのオークションの査定基準で判断することが一般的といえます。
しかし全国数十カ所にも及ぶオートオークションの会場では事故歴の判断が微妙な車などで査定結果に違いが出る場合があるのはあまり知られていないのではないでしょうか?

事故車の判断を行う場合、さまざまな車種や車体形状によって違いが出てきますので、ここでは一般的なセダン(4枚ドア)車として考えます。

事故車の判断基準として見るのがフレームといわれる場所です。
フレームとは、人で言うと骨にあたる部分で車体の核となる部分です。
フレームが歪んでいるものや修復された後のある車が、一般的に事故車と判断される車です。
また、あまりにも粗悪な現状の場合でも事故車として考えられる場合もあります。

【Checkポイント・1】
まずは、ボンネットを開けて部品を外した後などが無いかチェックします。
しかし、これだけでは直接事故暦が有るか無いかは判断しません。
1. 新たに塗装された形跡などはないか?
2. 各部品の取り付けネジやボルトを外した後の様なキズは無いか?
(ボンネット・フェンダー・ラジエターなど)
3.エンジンルームの内側に板金した様な凸凹は無いか?

【Checkポイント・2】
手前から見てラジエターが取り付けられているフレームを第一メンバーと呼び、第一メンバーより内側に修復跡があると事故車として扱われます。

【Checkポイント・3】
車体の組み立てにはネジやボルト固定の他、フレームなどの重要箇所では溶接によってしっかり固定されている部分があります。
事故車の判断として一番有力なのがこの溶接部に亀裂がある場合や、後から溶接をやり直している場合が事故暦車として判断されますのでペンライトや照明などで照らしながら、よ~くみてみましょう。

【Checkポイント・4】
大きな事故などでフレームが歪んだ場合、フレーム修正機によって修復します。
可能であれば車体をリフトアップ(持ち上げる)して見てください。
車体を下から覗くと黒い柱のような骨組み(フレーム)が見えます。
このフレームにフレーム修正機をかけた際に出来る、何かで挟んだ様なキズ跡がないか見てください。
またフレーム修正後、上から塗装されている場合があるので怪しく感じたら注意深く見てください。
このようなフレーム修正機跡も事故暦車と判断されます。

脱出



ぬかるんだ道などで、タイヤが空回りして
抜け出せなくなってしまったようなことありませんか?


板を挟んで抜け出すのを試みたりするものですが、
なかなか抜けられる ものではありません。

しかし実は簡単に抜け出せる方法があります。


方法は簡単で、タイヤの空気を抜くのです。

もちろん全部タイヤの空気を抜くわけではなくて、
30%~50%くら いの空気を抜きます。


すると、タイヤは少しペッチャンコになりますが、

接する面が広くなり、空回りしづらくなるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。